声明!株式情報
声明!株式情報
ホーム > 葉酸サプリ > 妊娠初期に多く代謝される葉酸について!

妊娠初期に多く代謝される葉酸について!

妊娠初期に多く代謝される葉酸は、細胞分裂をサポートし、新しい血を造り出すのに有効な栄養素です。

 

それは不妊治療にも効果を表し、とくに着床困難を解消するため、それだけで妊娠確率が上がるので、タイミング療法と組み合わせる人も多いです。そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると酸素や栄養も運ばれやすくなり、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊対策に良い結果をもたらすのです。葉酸は野菜の中に多く含まれていますが、その中でも特に葉酸を含んでいる野菜と言えば、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、青菜の野菜に多く含まれています。赤ちゃんを授かったあと、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減すると知られています。

 

ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのをオススメしたいです。あまり頑なに考えすぎず、臨機応変に葉酸を摂取するのが良いでしょう。

 

皆さんご存知のように、葉酸だけを摂っても不十分です。葉酸には単体で摂取しても吸収率が悪いという特徴があります。

 

ですから、サプリによる葉酸摂取を考えている方は、ビタミンやミネラルなど、妊婦にとって不足しがちな栄養素を25種類ほど配合したサプリを選べば、不足しがちな栄養素を一度に補給できますよね。

 

こうしたサプリは妊娠しやすい体作りのためにも役立ちます。

 

ですから妊娠を希望している方は、早めの摂取を心がけてください。

 

葉酸サプリはいつから必要?答えは妊活を始めたいと思った時です!